腰痛軽減に役立った三つの工夫

腰痛軽減に役立った三つの工夫

私は、腰痛に7年間ほど悩まされてきました。

有効な改善方法がなかなか見つからない状態が続いていましたが、昨年から試し始めた三つの工夫によって、一応の効果が現れてきています。

それらの工夫とは『ストレッチ』・『ウォーキング』・『敷き毛布』によるものです。

まず、『ストレッチ』について紹介します。これは、病院でもらった「腰痛体操」パンフレットに掲載されていたものの一つです。

体操と言っても、仰臥状態で両膝を立て、腰を数秒間浮かせて元に戻すというだけのものになります。これを毎日何度か繰り返しているうちに、腰がだんだん軽く感じられるようになりました。

次に行ったのが『ウォーキング』です。まったくの自己流で歩き方を工夫しました。半身をほんの少しだけ前傾気味にして、狭い歩幅で速めに歩くというものです。毎週、火曜日と木曜日に30分ほど歩くようにしています。何となく、腰がほぐれてくれるような感じがあります。

最後に『敷き毛布』の活用について。これは、最も効果的だったと感じている工夫です。以前は朝起きると腰が痛くて、体を起こそうとすると激痛を感じていました。

しかし、毛布を敷いてその上に横になって睡眠するようになってからは、起床時に感じる腰痛がかなり弱まっています。おかげで、起床後も痛みの少ない状態のままで過ごせることが増えました。

コメントを残す