考え方を変えたことで腰の痛みが消えました

考え方を変えたことで腰の痛みが消えました

2年ほど専門学校に通ったにもかかわらず、ある国家試験に落ちてしまい、相当なショックを受けました。

その時はお金が全くなかったので、早く仕事をする必要がありました。すぐに面接を受け、多少の無理もありましたが、薬品を扱う倉庫の仕事でアルバイトをすることにしたのです。久々の仕事です。

働いている時は何ともなかったですが、帰路いきなり腰に激痛がはしり全く動けなくなりました。腰が痛くて動けなくなったのは初めてです。軽いパニックになりました。

近くの公園で休んで1時間ほどして、びっこを引きながら何とか家に着きました。それからベッドで安静にしていましたが、一向に良くなる気配がありません。そこで、治療院を営む気功の先生に相談したのです。

先生は、今までに腰が悪い患者さんを何人も診てきた凄い人です。先生は「腰が痛くなる人には、あるパターンがある。腰は身体の要の部分。そこに痛みがあるということは、自分の要となっている部分、例えば自分の仕事や性別、収入に不満をもったり心配をしていることが多い」と教えてくれました。

確かにその時、私は「お金がなくて大変だ」「今している仕事を続けて行って大丈夫だろうか?何だか嫌だな」と仕事や、収入に不安を抱えていました。

次に先生は、そのマイナスの思いを『お金があって楽しい』『今している仕事は大好きで素晴らしい』というプラスのもので作ったら良いねと教えてくれました。

そこで、腰の痛みを楽にする為にも、先生から教えてもらった2つの言葉を心の中で何度も唱えました。すると、だんだん腰が楽になって湿布やテープ、薬などを全く使わず2日後には全快したのです。

それからは腰が痛くなることはほとんどなくて、周りの人から驚かれています。

コメントを残す